--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年10月26日

●【コラム】 急成長のモンゴル経済預金金利8%のナゾ

使徒XXnano!ゼルエルXXnano!PVC製塗装済み完成品フィギュア (WAVE) 【予約商品・08年3月下...
朝青龍の帰国療養で一躍注目を浴びた「モンゴル」。実は、投資家からは既に注目されている国だった。ある情報では「預金利率は約15%」「不動産投資で利回り17%」なんてウワサも…。調べてみるとこの話、日本のエイチ・エス証券が買収したモンゴル国有のAG銀行(現ハーン銀行)が、2年前に某テレビ番組で紹介され有名になったもの。この高金利は健在? とエイチ・エス証券に確認すると、現在は金利12%(現地通貨トゥグルグで1年定期預金の場合)とのこと。日本のメガバンクは同条件で0.35%(9/27現在)。少し下がったとはいえモンゴル凄いぞ。この高金利の理由を日本モンゴル学会会員東京国際大学栗林純夫教授に聞いた。
最新画像情報は・・・


「モンゴルの預金金利は平均8%。高い数字ですが物価上昇率も11%なので、トゥグルグで預金するだけだと3%目減りします」

えー、減るの!? しかも、モンゴルの銀行は現地でしか預金ができないのだとか。テンション下がるな。では不動産投資は?「首都ウランバートルは、老朽化した建物も多く建て直しが必要。ですから、建築ラッシュで不動産投資も盛んです。ただ、都市計画は混乱し、何でもありの状態。日本のように建築基準法がしっかりしていないので自己責任が必要です」(栗林教授)

粗悪な物件に当たる可能性もあるが、上手く投資をすれば配当も大きい。ハイリスクハイリターンってことか。おいしい話だけではなさそうなモンゴルへの投資。しかし、経済が急成長していることは事実...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆画像関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆画像関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。