--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月02日

●携帯音楽プレーヤー、半数が iPod 所有、4人に1人程度がソニー製

トレジャーフィギュアコレクショノ アイドルマスターXENOGLOSSIA 天海春香 1/10PVC製塗装済み完...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000031-inet-inet
携帯電話の音楽再生機能が進化する一方、「iPod touch」が登場するなど、音楽再生プレーヤーも進化を続けている。今回のデイリーリサーチは、携帯音楽プレーヤーを利用するユーザーに尋ねてみた。

【画像が掲載された記事】

インターネットコム株式会社と株式会社クロス・マーケティングは、「携帯音楽プレーヤーに関する調査」を行い、携帯音楽プレーヤーの利用状況を探った。

調査対象は、20代~50代の携帯音楽プレーヤーを所有するユーザー300人。男女比は男性50.0%、女性50.0%、年齢別は、10代20%、20代20.0%、30代20.0%、40代20.0%、50代20.0%。

まず、人気のブランドをチェックしよう。
最新画像情報は・・・
すべての回答者に手持ちのプレーヤーのブランド・メーカーを教えてもらった。

最も回答を集めたのは、2006年7月の調査と同様に「iPod」で、49.0%(147人)と半数近くに上っている。それに次いだのは「ソニー」で24.0%(72人)だが、iPod の半分程度という結果であった。以下はさらに少なく、「パナソニック」9.0%(27人)、「東芝」4.3%(13人)といった状況だ。

では、携帯音楽プレーヤーユーザーのこだわりを探ってみよう。使用している携帯音楽プレーヤーに不満を持つ43人に、不満点を挙げてもらった。

最も回答を集めたのは「操作性が悪い」で37.2%(16人)。それに続いたのは「メモリ容量」と「バッテリーの持ちが悪い」でどちらも34.9%(15人)。

操作性もメモリ容量もバッテリーも、小型化が進むほどに犠牲になりがちなポイントであり、携帯機器には常につきまとう問題といえるだろう...

ニュースの続きを読む




◆画像関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆画像関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。