--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月08日

●織田裕二版『椿三十郎』の観客参加型宣伝はヒットにつながる?

子供操縦乗用♪乗用白バイラジコン●特大おもちゃ玩具
織田裕二主演の正月映画『椿三十郎』で、観客を巻き込む宣伝展開を行っている。ひとつは、映画タイトルにちなんで“椿”の文字が入った“お店”“バス亭”“駅”“標識”を携帯写真で撮影して、応募するという「椿娘サポーターズ」。もうひとつは、宣伝コピーを一般から募集し、実際にTVコマーシャル、新聞広告で採用するというもの。「椿娘サポーターズ」ではすでに喫茶店、パーキング名称などが寄せられており、「織田三十郎ブログ」でアップされている。宣伝コピーの募集は、11月22日(木)から開始される。

最近の映画宣伝は、マスメディアを使った手法以外に、『椿三十郎』のように観客を巻き込み、一般の生活内で映画をより身近に感じてもらえるような手法が多くなってきている。
最新動画情報は・・・
特にブログを意識したものや、カメラ付き携帯電話の普及により携帯で撮影した写真・動画コンテンツを投稿するというものが多く見受けられる。本作でも上記の「織田三十郎ブログ」以外に「椿屋敷、森田組。」というブログで森田監督のメッセージなどをアップしている。一般観客の参加を積極的に行った映画としては、やはり織田主演の『踊る大捜査線』シリーズがある。このときは作品のファンが“捜査員”として登録を行い映画に積極的に参加するなど、一大ムーブメントを巻き起こす結果となった。

『椿三十郎』は、黒澤明監督、主演・三船敏郎で1962年に製作された不朽の名作のリメイク。監督は『失楽園』の森田芳光監督、椿三十郎を織田裕二、宿敵・室戸半兵衛を豊川悦司、若侍に松山ケンイチが演じる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆動画関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆動画関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。