--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月27日

●「見えない」攻撃には事後対策を――Webからの脅威に早期対処したJSS

高級ロジウム加工☆死神フードスカルネックレス☆定番スカルじゃものたりない><
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000048-zdn_ep-sci
 「二度とウイルス感染したくないというのが、正直な気持ち。しかし、今後Webからの脅威はさらに悪質化し、通常業務の中で知らぬ間に感染が広がってしまうのだろう」。11月26日にトレンドマイクロが開催した事例セミナーにおいて、JTB情報システム(以下、JSS)の執行役員グループIT推進室長の野々垣典男氏はWebからの脅威について、こう述べた。

【他の画像】

●次々と現れる症状に「これまでとは違う」気配を感じる

 2006年12月末、JTB本社ビルは800台ものPCがウイルス感染するというセキュリティインシデントに見舞われた。最初の兆候は、12月20日の13時過ぎだったという。
最新画像情報は・・・
OutlookやOffice製品が正常に起動しないとの連絡があり、JTBの情報システム全般を担当するJSSは調査を実施、ウイルス感染を確認した。「当初は局所的なものと思い、LANケーブルを外して感染を予防したり、特定のファイルを削除するといった従来の対策を施した。「過去のNimda(ウイルス)などへの対処手順を適用すれば、それで終わると思った」(野々垣氏)。

 しかし、感染は止まらなかった。パターン化された対応を実施しても、症状は悪化するばかりだった。「今までとは違う、しつこさが感じられた」と話す野々垣氏たちは12月21日、早速社内に対策本部を設置、12月22日の金曜日には週末の集中対処体制に向けた人員の確保を行った。同時に、同社ですでに導入していたウイルス対策製品ベンダーのトレンドマイクロに支援を依頼し、迅速かつ確実なワクチンの提供も要請したという...

ニュースの続きを読む




◆画像関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆画像関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。