--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月30日

●【押忍!オカネ塾】年末商戦でデジカメ市場が熱い! カメラメーカーを狙え!!

【NEW】シスターエンジェルウォールデコ(ハープ)
塾長:「塾長の大金貯世(おおがねためよ)である!」

生徒:「塾長、秋葉原にデジカメを買いに行ったのですが、新製品がずらりと勢揃いしていて驚きましたよ。結局、迷いに迷って買えませんでした。カタログだけはもらってきましたが…」

塾長:「カメラもデジタルが主流になったからな。すでにデジタルカメラの市場も生産高では1兆円を超えているぞ」

生徒:「デジカメの市場が1兆円ですか…そんなに大きな市場とは知りませんでした」

塾長:「そうだ。デジタルカメラ市場は当初、初心者向けの『入門機』が売れていた。しかし、今年に入ってから入門機に慣れた人たちが、入門機では物足りなくなってきて、上位の機種への買い替える動きが出ているのだ」


生徒:「デジカメの中級機種には、どんな機種があるのですか?」

塾長:「デジタル一眼レフ市場では、ニコンから1230万画素のデジタルカメラ『D300』が出ている。
最新画像情報は・・・
ライバルのキヤノンからは、1秒間に約6.5コマの連続撮影が可能な『EOS40D』が発売になった。いずれも中級機種に位置づけられる製品で、価格は店頭売りだと15~20万円台になる」

生徒:「デジタルカメラ分野では、ニコンとキヤノンが2強と言われていますが、他のメーカーはどうですか?」

塾長:「他のメーカーも負けていない。ソニーはカメラ事業をコニカミノルタから買収したが、『α700』を市場に投入した。α700は、画像のデータが大容量であっても、高速で処理することができるという優れものだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆画像関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆画像関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。