--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年12月02日

●揺れる科学のまち:つくば市制20年/2 ベンチャー企業を育てる /茨城

【R-Card決済ならポイント2倍!】EX-Z75SR【送料無料】カシオ計算機 デジタルカメラ EXILIM ZOO...
 ◇甘くない研究者起業--資金、人材確保が課題に
 顕微鏡に菌のサンプルが置かれると、DNA(デオキシリボ核酸)の表面の凹凸がモニター画面に映し出された。新商品の顕微鏡は、数ナノ(10億分の1)メートルの分子が結合する様子を動画観察できる。「世界でうちだけの技術です」
 旧工業技術院(現産業技術総合研究所)研究者の岡田孝夫社長が99年に設立したベンチャー企業「生体分子計測研究所」(つくば市榎戸)は、顕微鏡開発やDNA解析で年商4億円。岡田社長は「将来は株式上場を視野に入れている」。
 市内の研究開発型ベンチャー企業は150社以上とされる。大学や国立研究機関の研究成果を民間に移転する「大学等技術移転促進法」(TLO法)が98年に施行。
最新動画情報は・・・
国家公務員である研究者の兼業が可能になり、筑波大や産総研発が急増した。
 筑波大発は66社。7割が市内に拠点を構える。福祉機器用ロボットスーツ「HAL」を開発したサイバーダインや中高年向け健康管理サービスを提供するつくばウエルネスリサーチなど業種も幅広い。菊本虔教授は「大学OBの社会人経験者らが支援してきた結果」と話す。
 だが、経営は甘くない。筑波大発5社は廃業。第三セクター・つくば研究支援センター(同市)が昨年、市内のベンチャー企業にアンケートしたら、回答した75社の半数が年商3000万円未満で、4割が資金調達と人材確保を課題に挙げた。
 市内に手ごろな事業用地も不足する...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆動画関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆動画関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。