--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年12月05日

●「極薄で行く。ただし基板サイズは半分な」──Woooケータイ W53Hが“Wooo”である理由

トライアル香水ドリスドゥカルティエEDT 1.5ml
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071204-00000085-zdn_m-mobi
 すでに4世代目、ワンセグ携帯の開発に長ける日立製作所とカシオ日立が満を持して投入する“Wooo”ブランド、それが「Woooケータイ W53H」。何が“Wooo”なのか、本端末は何を目指したのか、Woooケータイ W53H開発チームに話を聞いた。

【詳細画像】

 「こんなの無理だ、無茶すぎる」

 「いや、“あれ”を実現するにはこれでやるしかないんだ。やるんだ」

 日立製作所のAVブランド“Wooo”の名を冠した初めてのワンセグ携帯、それが「Woooケータイ W53H」。厚さ14.2ミリの薄型ボディに、精悍な顔つき、そして華麗なカラーリングが特徴の端末だ。
最新画像情報は・・・


 日立製作所はかつて、2006年4月に始まったワンセグ本放送以前の2006年2月に、auで2機種目となる「W41H」を発売。以来「W43H」(2006年9月発売)、「W52H」(2007年6月発売)と続き、今回のWoooケータイ W53Hは4世代目ということになる。

 そんなワンセグ携帯の開発で実績がある日立製作所およびカシオ日立モバイルコミュニケーションズが、携帯へ初めて冠する“Wooo”の名にどのような思いを込めたのか、Woooケータイ W53H開発チームに話を聞いた。

●基板、「いきなり半分」

 2.8インチの有機ELディスプレイを採用し、厚さ14.2ミリの薄型ボディを備えた「Woooケータイ W53H」は、日立製作所のAVブランド“Wooo”を初めて冠する端末として登場した。

 「W43Hあたりまでは、ワンセグが付いているということで“ある程度は許される”風潮もありました...

ニュースの続きを読む




◆画像関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆画像関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

●237がんばるお(´・ω・`)
397アフィリやめてこっちにして正解だったwwww本当に3発ヤッて10頂きやしたwww明日もがんばるおww前教えてくれた人ありがとぉぉぉぉwwwww
http://w-master.net/se/

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。