--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年12月21日

●看板倒れ「ドラマのTBS」 視聴率低迷に社長「憂鬱だ」

スケッチ・ブック・オブ・“ラフ”長澤まさみ
   TBSが視聴率低迷にあえいでいる。テレビの週間視聴率では、ベスト30に2番組しかなく、看板のドラマは平均視聴率が1ケタ台に落ち込むほどだ。TBSは最近、不二家報道、亀田問題など不祥事続きだが、一体どうしたのか。 ベスト30にわずか2番組の惨敗「視聴率が落ちた理由ですか?それはうちがコメントするようなことではなく、厳しいですねと言うしかありません」   TBS広報部の担当者がこう話すように、最近の視聴率低迷は激しい。2007年12月18日付の日刊スポーツに掲載された12月10~16日のテレビ週間視聴率では、ベスト30に入ったTBSの番組は、バラエティーの「ぴったんこカン・カン」と「関口宏の東京フレンドパークII」のみ。
最新長澤情報は・・・
しかも、TBSが強いとされるドラマは一つも入っていない。   スポーツ報知の12月6日付記事によると、07年10月にスタートした秋ドラマの視聴率は、仲間由紀恵さん(28)と泉ピン子さん(60)出演の「ジョシデカ!」(木曜午後10時)が平均9.8%、長瀬智也さん(29)と相武紗季さん(22)の「歌姫」(金曜日午後10時)が同8.2%、明石家さんまさん(52)と長澤まさみさん(20)の「ハタチの恋人」(日曜日午後9時)が同8.4%。視聴率女王の異名まで持つ仲間さんら豪華キャストをそろえながら、いずれも1ケタを割り込む低迷ぶりとなっている。   これには、TBSの井上弘社長が、12月5日の定例会見で、「今クールは早く終わってくれないかなと思っている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆長澤関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆長澤関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。