--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年12月23日

●雑踏のテロリスト、瞬時に発見 防犯カメラと立体画像DB照合、都が開発

お買い得!アウトレットcarter'sカーターズ◇OUTLETカバーオール花柄ピンク
 東京都と警視庁が、指名手配犯やテロリストと疑われる人物の写真を基に復元した立体画像データと、事件現場などの防犯カメラから送信された犯人の顔画像を100分の1秒で自動照合して摘発に役立てる独自のテロ対策システムの開発に乗り出した。2億円を投入し、平成22年度に都内のモデル地区で試験運用を始める。都は地域住民とも連携し、緊急時に情報を共有できるネットワーク化を目指し、官民共同で首都のテロ・治安対策を強化したい考えだ。

 システムは、警視庁と国内の大学の研究機関などが独自に開発を進める「3次元顔形状データベース(DB)自動照合システム」と呼ばれる最新技術。2次元の写真を3次元の顔形状に復元後、顔のデータを警視庁のサーバーに登録。
最新画像情報は・・・
都内で事件が発生した場合、現場の防犯カメラに写った不審者や犯人の顔画像をリアルタイムで送信し、100分の1秒で自動照合するのが特徴だ。

 指名手配犯ら摘発の対象者であることが判明すれば、各警察署に指令が行き渡り、巡回中のパトカーや警察官が現場に急行する。

 都によると、今年9月現在、都内には繁華街を中心に官民で計約1300台の防犯カメラがある。モデル地区は、都心や大規模集客施設、空港などテロの標的になりやすい場所から選定する予定。防犯カメラ画像の提供については、自動照合で合致(ヒット)した画像以外は録画しない協定を自治体や住民と締結し、個人情報を保護する。

 今回のシステムは、一般企業や自治体と連携して、行政区職員が約420万台の防犯カメラ画像を24時間監視している英国・ロンドンの取り組みを参考にした...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆画像関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆画像関連の無料のレポート情報
たった3日で82,500円!?スマイリー式商材アフィリエイトのマル秘テク

今や激戦区の情報商材アフィリエイト。
しかし僕は売れなくて悩んだことは一度もありません。
なぜならこの方法を実践しているから。


毎日必死でブログを更新しているのに稼げないそこのアナタ!

モチベーションが下がる前に…

【超図解!超簡単!5時間以内に10万円稼いで下さい】

情報商材を購入したくても資金がないあなたに

情報商材を購入したけど思うように稼げないあなたに

【超図解!超簡単!5時間以内に10万円稼いで下さい】を差し上げます

作業手順を画像120枚で解説しています

マウスとキーボ…

スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。