--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年10月16日

●【動画】阪急百貨店と阪神百貨店が経営統合で、持ち株会社H2O発足。=「経営目標は営業利益額。2014年度

斜めから見ても鮮やか!! 32型液晶テレビ(録画機能無し)L32-H01☆送料無料☆
【PJ 2007年10月03日】- 阪急百貨店と阪神百貨店が経営統合した持ち株会社「エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリング」が1日、発足した。H2Oリテイリングは同日午後、大阪市北区のホテルで会社設立の記者会見を開いた。会見では、H2Oリテイリンググループの会社の概要、シンボルマークについて、グループの組織、GP10計画ver.2、阪急百貨店、阪神百貨店の経営統合について、若林純代表取締役社長が説明した。その模様を動画PJ PodTVで。

 若林社長は「グループの基本理念は、地域住民への生活モデルの提供を通して、地域社会になくてはならない存在でありつづけることを目指すこと。グループ経営ビジョンは、小売事業の多角化による関西地域のマーケットシェア拡大、ドミナントエリア化の実現です」と説明した。

 さらに、2014年度のグループ経営目標について「企業としての価値は、何と申しましても、最終的に利益であるということでございますので、H2Oグループとしては、経営目標を、営業利益額ということにいたしました。
最新動画情報は・・・
2014年度の営業利益の目標を、400億円ということにおいております。400億円の営業利益を出すときの想定売上高は、7000~8000億円という、幅をもって想定しております」と話した。

 さらに、若林社長は、2014年度に連結売上高が、7000~8000億円(2004年度連結売上高:4000億円)に達するための営業戦略として、1)阪急百貨店うめだ本店建替えプロジェクト(2011年度完成予定)、2)阪急百貨店、阪神百貨店の経営統合(2007年10月)、3)阪急百貨店の西宮出店(2008年秋予定)、4)阪神百貨店の御影、尼崎出店(2008年予定)、5)スーパーマーケット事業の拡大(2014年100店舗目標)、6)個別宅配事業の強化、7)阪急百貨店の博多出店(2011年春予定)、8)大井町再開発プロジェクト(2014年完成予定)を挙げ、これらの事業計画から3000億円の売上高を見込んでいると説明した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆動画関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆動画関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。