--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月27日

●【今日は何の日】1142年:英雄・岳飛が殺害される

【【安い!写りが独特!】AH7906 コンパクトデジタルカメラ PX-is
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080127-00000001-scn-cn
 1142年1月27日、岳飛(がく・ひ)が殺害された。

 岳飛は北宋末期から南宋初期に活躍した武将。1101年に相州湯陰(現在の河南省湯陰県)の農民の子として生まれた。

 北宋の都の開封は、1126年から1127年にかけて2度にわたり、北方の女真(ジェシェン)族が建国した金の攻撃を受けた。この際、岳飛は義勇軍に参加し、軍功を挙げた。しかし2度目の攻撃で開封は陥落。北宋皇帝の欽宗らは連れ去られとなり、北宋は滅亡した(靖康の変)。

 1127年6月、欽宗の弟の高宗(趙構)が南京(現在の河南省商丘市)で即位し、宋王朝を再興(南宋)。
最新動画情報は・・・
南宋は臨安(現在の浙江省杭州市)を実質的な都とし、淮河をはさんで金と対峙した。

 金との戦いで数々の武功を立てた岳飛は、高宗の絶大な信頼を受け、1134年には節度使に任命され、湖北一帯を基盤とする軍閥を形成した。しかし、金との和議を主張する宰相の秦檜(しん・かい)は、主戦派の岳飛の勢力を警戒するようになる。

 1137年、岳飛は、金攻撃を高宗に提案するが拒否される。39年、高宗と秦檜は金と和議を結んだ。協定には「正統王朝」だったはずの「宋」が金に対して臣下の立場ことも盛り込まれており、岳飛は大いに憤慨したとされる。

 1140年、金が和議を破って南に攻め込んだ。これを迎え撃った岳飛は、敵の軍勢を大破して開封に迫ったが、和平を模索する秦檜の命令によって退却を余儀なくされた。

 臨安に戻った岳飛は軍権を剥奪された...

ニュースの続きを読む




◆動画関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆動画関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。