--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月01日

●『MacBook Air』体験レビュー

★中古ファミコン★箱説付【タイトーグランプリ 栄光へのライセンス】★
Danny Dumasサンフランシスコの『Moscone Center』で1月14~18日(米国時間)まで開催されていた『Macworld Conference & Expo』。米Apple社が発表したばかりの『MacBook Air』が置かれているテーブルに、オタクたちが 文字通り、よだれを垂らさんばかりになって群らがっていた。これにはれっきとした理由がある。MacBook Airは今年に入って最大の製品リリースであり、『2008 International CES』(1月7~10日)で目にしたものすべてを圧倒していたためだ(150インチのテレビも目じゃない!)。『Gadget Lab』の執筆を担当する同僚Steven Leckartと私はMoscone Centerに出掛け、記者章を使って人だかりを通過し、すぐにMacBook Airを触り始めた。
最新画像情報は・・・
マシンを一目見ただけで、深い感銘を受けた。本体は非常に薄く、まるで2次元の世界の研究所で作られたかのようだ。つまり文字通り、3次元のZ軸が存在しないのだ。薄さ以外の部分も、Apple社の製品らしく、美しいの一言だ。キーボードもエレガントで、操作しやすい。『MacBook』と全く同じ感触だ。ただし、こちらの方が色の対比がいい。銀の本体に黒いキーの組み合わせのおかげで、タイピングが少し楽になる。特に、タイピングが苦手な私のような人間にとっては。キーボードにバックライトが付いているのもうれしい(なぜかMacBookにはないのだ)。『iSight』カメラに環境光センサーが組み込まれており、バックライトと連動している。iSightカメラ自体は、既存のMacBookからほとんど変わっていない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆画像関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆画像関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。