--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月03日

●【今日は何の日】496年:北魏孝文帝、胡姓を禁止

きらオク【即落】Veritile2GB1.7インチカラー液晶搭載動画再生対応MP3プレーヤーVA-200【離島...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080202-00000000-scn-cn
 496年2月2日、北魏の孝文帝は漢風の姓への改姓を命令した。

 北魏は鮮卑族の拓跋氏が華北を統一して建てた王朝。鮮卑族はモンゴル系民族とみられているが、異説もある。孝文帝(467-499年)は北魏の第6代皇帝で、471年に満5歳で即位。実質的に政治を取り仕切っていた太后馮氏が490年に死去すると、親政を開始した。

 当時、鮮卑族の間では漢化(中国化)がある程度進んでいた。孝文帝は漢化の徹底で中央集権を確立しようとして、493年に平城(現、山西省大同)から、中華文化の発祥地、中原にある洛陽(現、河南省)への遷都を強行。
最新動画情報は・・・


 496年には鮮卑の姓「胡姓」を禁止。中国名の使用を強要し、皇室の姓も「拓跋」から「元」に改めた。服装など習俗でも漢化を進め、中国語の使用を奨励した。

 しかし漢化政策は鮮卑貴族内の「民族派」の反発を招き、496年には旧都の平城で反乱が起こった。反乱は短期間で鎮圧されたが、長男である太子も乱に加担したため、誅殺された。孝文帝の死後も「民族派」と「改革派」の対立は続き、国が分裂して滅びる遠因になった。

 写真は大同市郊外にある雲岡石窟。約40窟の石窟寺院から成る。造営が始まったのは430年で、大部分が都が洛陽に移される493年までに作られた。2001年には世界文化遺産に登録された。(編集担当:梅本可奈子・如月隼人)

■今日は何の日 2007年2月2日掲載
・ 1958年:「大躍進」政策始まる …実態無視した経済の「猪突猛進」策、大失敗で毛沢東が国家主席辞任

■関連トピックス <  社会>コラム>今日は何の日  >

■関連動画  中国50箇所の映像を見る



◆動画関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆動画関連の無料のレポート情報
ビデオカメラなどの映像をYoutubeに簡単に上げる方法

最近流行している動画配信サイトの
YouTube

http://www.youtube.com

面白い映像をアップすると大人気。
自分の友人達とパーティの時の映像をシェアするとかにも
利用できて、とても楽しいです…

独立起業で成功するビジネス戦略の立て方![図解式音声動画]

無料で配るなんて
「こんな馬鹿なことをするな!」と知り合いからよく言われます。
さてこの教材の内容とは・・・ ・


■この教材の魔法!
これを手に入れることにより、
あなたはこんなメリットを手に入れることができます。



スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。