--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月07日

●文化庁メディア芸術祭・受賞作品展で先端メディアアートに触れる!

パソコンユースを考慮した高さに設計【特価スプリングセール】 【送料無料】★オフィスユース ...
2月6日より東京・六本木の国立新美術館にて平成19年度(第11回)文化庁メディア芸術祭の受賞作品展が開催されています。これは昨日表彰式のあった今年のメディア芸術祭に応募のあった2091作品から選ばれた約160点の優秀作品を展示・上映するものです。17日まで開催され、入場は無料です(12日は休館)。

その他の画像はこちらから

さまざまなメディア芸術が集うこの芸術祭、展示会場には知的好奇心を刺激される多数の作品が並びました。

ゲームを含めエンターテイメント部門では、大賞を受賞した『Wii Sports』が2台展示されたほか、優秀賞を受けた『METAL GEAR SOLID 4 GUS OF THE PATRIOT』、『モンスターハンターポータブル 2nd』が体験できました。
最新画像情報は・・・
推薦作品も多数が用意され、昨年制作されたファミコンの自主制作作品『ミスタースプラッシュ』も並び、珍しい作品に注目が集まっていました。遊具では「ヒューマンプレイヤー」、au design projectの「actface」なども並べられていました。

アニメーション部門やマンガ部門でも、受賞作品が展示され、マンガでは閲覧コーナーも設けられていました。アニメーション部門では、個別ブースが作られ、中で作品を鑑賞できるようになっていました。

会場の中でもアート部門は面白い展示が多く並んでいました。「Se Mi Sei Vicino」は、磁石のN極とS極をモチーフにして、人が作り出す磁場を表現したものです。中に立つ事で実際に体感できるものです...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆画像関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆画像関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。