--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月09日

●【トレンド】謎が謎を呼ぶ異例の大ヒット映画が日本公開へ

新作入荷!!送料無料!!アバクロンビー【boys】ミリタリージャケット【wakely jacket】グレー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080209-00000005-nkbp_tren-ent
 1月18日、米国は1本の新作映画の公開に大いに沸いた。その映画は『クローバーフィールド/HAKAISHA』。キャストも監督も無名のこの映画は、ハリウッド映画にしては低予算の部類に入る2500万ドル(約27億円)で製作された。だが、公開した最初の週末だけで、1月公開作の歴代記録となる4100万ドル(約44億円)の興行収入を記録。翌週にはペースをガクッと落とすも、1月だけで6700万ドル(約71億円)を稼ぎ出した。なぜこんな大ヒットが生まれたのか。

【詳細画像または表】

 『クローバーフィールド/HAKAISHA』の劇場予告編は、昨年7月の『トランスフォーマー』全米公開時に一斉に上映された。
最新画像情報は・・・
とある青年の転勤送別パーティーに参加していた人々が目撃する、ニューヨークの異変。得体の知れない何かが、高層ビル街を破壊している。そして突然、ストリートに転がってくる自由の女神像の首。それだけでも観客には衝撃的だったが、さらに驚くべきことに、この予告では映画のタイトルもスタッフ、キャストのクレジットも一切流されなかった。提示された情報は、“2008年1月18日に公開”ということだけ。映画の公式サイトでも具体的な内容は一切明かされず、ネット上では憶測だけが流れ、論議を呼んだ。この時点でわかっていた事実は人気テレビシリーズ「LOST」のプロデューサーで、トム・クルーズ主演の『M:i:III』の監督を務めたJ・J・エイブラムスが製作を務めていることぐらいだった...

ニュースの続きを読む




◆画像関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆画像関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。