--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月11日

●県:08年度当初予算案 一般会計、3年連続減7603億円 5年ぶり税収減 /栃木

Mialy Mail エナメルバック(オレンジ)
 ■財政調整基金、過去最低に
 福田富一知事は8日、08年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比1・5%減の7603億7000万円となり、3年連続の減額。県税収入は、過去最高額となった前年度当初に比べ0・9%減の2870億円を見込む。収支不足を補うため、県の貯金にあたる財政調整的基金は260億円取り崩す。結果、基金残高は過去最低の89億円に減り、枯渇寸前となる。福田知事は「財源確保が厳しい中、選択と集中により必要な財源を捻出(ねんしゅつ)した」と述べた。
 ◆歳入
 企業業績の伸びが見込めないため、県税収入は当初比では5年ぶりに落ち込む見通し。一方、税収減に応じ、財源不足を補うために交付される地方交付税は、同1・3%増の1140億円を見込んだ。
最新画像情報は・・・
また、財政調整的基金の残高が、100億円を割るのは初めて。ピークの92年度は1203億円あったが、三位一体の改革で地方交付税が大幅減となり、毎年、取り崩しを迫られている。
 借金にあたる県債発行額は、公共事業など投資的経費を抑制、同4・3%減の793億円にとどめる。08年度末の県債残高は9915億4800万円の見込みで、07年度(2月補正後)より54億3500万円圧縮する。
 ◆歳出
 公債費、職員費など義務的経費は4601億円。歳出の60・5%を占め、初めて6割を超えた。うち職員費は28・4%を占めた。05年度からの3年間で職員を400人削減したものの、県人事委員会勧告による給与改定で同0・3%増となる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆画像関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆画像関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。