--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月16日

●五輪キャスター相武紗季、バリバリ“硬派”な意外素顔

Steady. (ステディ) 2008年 03月号 [雑誌]
 デビュー7年目のタレント、相武紗季(22)が一身に注目を浴びている。年明け早々、ドラマの共演相手だったTOKIO長瀬智也(29)との初ロマンスが発覚したかと思えば、フジテレビの北京オリンピックメーンキャスターに大抜擢。夏はヤクルト前監督の古田敦也氏(42)とともに五輪の顔となる。CMでふりまく笑顔とは別に、現場からは“硬派”な素顔が漏れてくる。

 五輪キャスターの就任会見では、「自分の思ったこと、感じたことを見ている方に伝わるように、素直に表現していきたい」とあいさつした相武。

 兵庫県宝塚市出身。小谷実可子さんにあこがれて、小学校5年生でシンクロナイズドスイミングを始め、中学・高校一貫校へ。
最新長澤まさみ情報は・・・
「水泳部では競泳選手として市のトップレベルの活躍をする一方、“鬼の副部長”と呼ばれるほど後輩への指導を徹底していた」(学校関係者)という体育会系だ。

 母親は宝塚歌劇団出身で、姉も現在、宝塚星組の若手娘役、音花ゆりとして活躍する芸能一家でもある。高校時代に大阪・朝日放送の高校野球中継リポーターに選ばれ、芸能界入り。ミスタードーナツやJAL、NTTコミュニケーションズなど数々のCMでコミカルなしぐさや笑顔を振りまき、「瞬く間にCM好感度が上がった」(大手広告代理店)。

 ドラマ「ウォーターボーイズ」「華麗なる一族」「歌姫」などでもおなじみだが、ドラマの現場スタッフは世間のイメージとは別の印象を持っているという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆長澤まさみ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆長澤まさみ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。