--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月20日

●小浜「オバマ」フィーバー取材…黒人女性がネット配信

【送料無料】Panasonic デジタルハイビジョンビデオカメラ HDC-SX5 150802011-6
 黒人初の米大統領を目指すバラク・オバマ上院議員(46)の応援で盛り上がる福井県小浜市で、米国出身の黒人女性が“小浜のオバマフィーバー”を題材にしたドキュメンタリー製作に取り組み、話題になっている。

 この女性は、地元の高校で外国語指導助手として働くアルセリーナ・ウィルソンさん(27)。約1週間前から、動画機能付きデジタルカメラを手にオバマフィーバーの関係者らに片っぱしからインタビューしている。

 小浜市では5日のスーパーチューズデー以降、オバマ氏を応援する「オバマ候補を勝手に応援する会」(勝手連)が結成されるなどフィーバーは過熱し、海外メディアの取材も殺到するほどの盛り上がりぶりだ。
最新動画情報は・・・


 ウィルソンさんは米ニュージャージー州出身。大学でジャーナリズム論を専攻し、同州職員や小学校教師などを経て、昨年7月から県立若狭東高校で外国語指導助手として勤務している。

 「米国人による草の根の選挙運動で台頭したオバマ氏が、日本の小浜市でもやはり草の根で支援の輪が広がった点が興味深かった。小浜市に住むただ一人の黒人女性として、この現象を伝えたいと思ったんです」

 帰国後はメディア関係の仕事を希望していることもあって、ブームの背景を探ろうとドキュメンタリー製作に乗り出した。

 ブームのきっかけをつくった羽賀寺の玉川正隆住職や、勝手連の藤原清治事務局長から一般市民までインタビュー。18日には村上利夫市長とも会い、取材はほぼ完了...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆動画関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆動画関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。